これだけあればとりあえずOK最終回【リードクライミング編】

大変、大変ご無沙汰をしております。040.gif
≪まる≫です。040.gif

もう2週間毎更新2もオーバーしてしまいました。。
何とも情けない…007.gif

いや、しかし、まだ連載企画の最中!
諦めずに更新です!

今回はこれだけあればとりあえずOK最終回
【リードクライミング編】です!

説明しよう!【リードクライミング】とは?

『地面でロープを体に結び、壁の途中にセットされているプロテクション(ロープを引っかける金具)に
ロープを手繰って掛けながら、終了点まで登るロープクライミング。
登っている最中は自分より上に安全を確保するロープはほぼ無いので、
Topロープよりも自力で登る感が強く、フリークライミング競技の主流。

つまり、これが出来れば一人前のクライマー
なれるっちゅう事ですね!
(あ、でも本当は登るだけじゃなくって、Topロープやリードクライミングのビレーも出来ての一人前なんですけどね058.gif)

大人(中学生以上)の場合、リードクライミングはビギナースクール
(スクール料¥18,900(税込)※学割・ペア割有り・全3回
特典【5回ジム利用券付き・レンタル料無料・PUMP1SHOP商品割引付き】)に入って覚えます。
ちなみに内容は
【1日目:Topロープ&Topロープビレー/2日目:リードクライミング/3日目:リードクライミングビレー】なので、
前回のTopロープスクールを単発で覚えるより、一気にロープクライミングの全てが覚えられてお得です066.gif
詳しくはビギナースクール詳細へどうぞ030.gif

Kids(小学生以下)の場合は、ロープの操作Topロープよりも墜落距離が長い関係で、
PJCCに入ってTopロープの経験を積んだ後、講師の判断でリードを学ぶのがPUMPでは一般的です。
詳しくはPJCC詳細へどうぞ072.gif

何はともあれ、そんなリードクライミングにおいて最も大事な道具がコレ!

a0151021_21112861.jpg

ロープ!!
MAMMUT
Vertex 10.0mm
40M:¥12,600 / 60M:¥16,800
 (税込)

いよいよロープの登場です。
リードクライミングはTopロープとは違い、自前のロープを使って登って行きます。066.gif

ちなみにロープは完全に消耗品です。009.gif
使っているうちに、もしくは使わないで保管しているだけでも摩耗経年劣化で傷んできます。054.gif

特に痛みが激しいのが、ロープの末端(端っこ)です。
ハーネスに結び付けたりロープを手繰ってプロテクションに掛ける(クリップする)位置は大抵同じ位置になり、
その部分のロープの表面は毛羽立ったり、内皮(ロープの中身の白い部分)と外皮(その名の通りロープの外の色付きの部分)がズレたりして傷んでくるのです。

しかし、ロープの末端が痛んだからと言って毎回ロープを買い替えていたら、お財布が悲しいことになってしまいます007.gif
しかも、末端以外の部分はまだまだピチピチ…
そうだ!ロープの末端を切って、末端を新しくしよう!
と、言うわけでロープは少し長めの物を買うのが主流です。
PUMPでは上記の理由とPUMP2の壁が40M以上のロープでなければ登れない為、40Mロープがメインです。029.gif
ただ、PUMP1専用で使うロープの場合は30Mロープでも足りるので、
60Mロープを2人で折半して購入し、半分に切って使うこともできます。
その場合、上の写真にあるロープなんて1人あたり¥8,400…ウッホホーイイ070.gif

ロープは細いのだったり太いのだったり、泥・水・熱に対するコーティングがされていたりと様々な仕様がありますが、
基本的に初心者には径10.0mm以上(※ビレー器にはさまり易く、クライマーが落下した時にロープを止め易い)、
そして室内メインのクライマーノンコーティング(※一般的に外岩向けのコーティングがされている方が値段が上がる為)がオススメです。
(上の写真のロープもモチロンこの2つの条件を満たしています049.gif)

そして、最近入ってきたこの2つの条件を満たしたロープはコレ!
a0151021_22144356.jpg

Edelrid
パイトン 10.0mm
60M:¥15,540


こちらはドイツの老舗クライミングメーカーEdelridから来た、
室内メインロープです。035.gif

Edelrid(エーデルリッドって読みます)のロープの最大の特徴はその柔軟性
そしてそれを生み出すサーモシールド加工が施されたロープです。027.gif
高級ロープの代名詞でもあるEdelridですが、外岩用コーティングを省く事によりコストを抑えています。065.gif
しかし、操作性の良さはエーデルリッドらしくピカイチ。
ジムでガンガン登りたい方にはかなりオススメのロープです。047.gif

ちなみにEdelridのご自慢の【サーモシールド加工】を生み出す加工とは…

【サーモシールド加工】
ゆっくりとロープを動かしながら熱処理します。
ロープの編込みを弛めてリラックスさせます。エーデルリッドは20年以上もこのプロセスを採用しています。

だ、そうです。(PUMPオンラインSHOPから抜粋)

そしてなにより60Mの折半価格が安い!これが何と言ってもこのロープの魅力の一つです!

ここに挙げたロープ2種だけでも、1時間くらいは語れます。059.gif
実際にロープはPUMP1SHOPでも末端を触ることが出来るので、
お気に入りの触り心地を探してみてはいかがでしょうか?011.gif
リードクライミングを始めると、「わぁ、自分もクライミングやってるんだなぁ」って実感します。053.gif
ロープをプロテクションに掛ける時の【カチャ】って音もたまりません016.gif
やっぱせっかくクライミングやるならリードまでやっとかなきゃです049.gif
気になった方は是非、PUMP1SHOPへお問い合わせ下さい062.gif
きっとあなたにぴったりなロープクライミンググッズが揃うハズです067.gif

以上、連載企画【これだけあればとりあえずOK】でした~029.gif
次回は、、、引っ越ししようかな???
[PR]

by pump1kids | 2012-03-05 22:51 | キッズGoods